忍者ブログ

熱が冷めない内に連続更新。
半DIYでテーブルを作った。木材は1×4材と何か細い木材で、オイルステインを初めて塗ってみた。
刷毛で塗ったんだけど~なああーーーーにが刷毛の跡が残らないだぁぁあああ!!!
残るわ!!!!!!!!下手くそ!!!!!!!!初心者こそローラー使うべき。
オイルステインで使った刷毛は台所洗剤で洗った。色移りはしたがきれいに落ちたからまあ良し。

下側の1本が塗装→乾燥。そのまま。
真ん中の細い2本は、固く絞った雑巾で拭く→乾いた雑巾で磨いたもの。磨かないと色移りする。
これがまあ大変。作業の中で一番つらかった。腕が筋肉痛になった。オイルのべたつきが
なくなるように(表面がつやつやのきゅっきゅとした状態)になるまで磨いた気がする。
どこまで磨けばいいのか、磨かなくていいのかわからんかったけど…
仕上げに台所スポンジの固い面でざざっと磨いた。

ニトリの折り畳みデスクを分解。なんでってあんた!この足を使うんだよ!!半DIYだからね!

磨いて、つや消しニスのスプレーで仕上げた。油性ね。色移りもなく完璧よ~。

足も塗装。アクリルスプレーで全体を黒くして、錆加工を施す。これにも仕上げには
スプレーニスを使った。

いよいよ組み立て。細い木材2本を、すのこのように天板全体を支えるように木ネジで留める。

足も組み立てていく。実はこれ向きが逆で足が開きっぱなしになるという事件が起こり
留め直すはめに。

完成!!!!足部分まで考えるの面倒な人はこれでも十分かっこよく安上がりに作れるっすよ。
次はこれに合うようなスツールを作りたい。
PR

2017/04/21 01:07 | Comments(0) | 手作り

やったーシーグラスでストラップできたよーということでまとめ。
■使ったもの。
・シーグラス
・ルーター
・ニス
・アクリル水彩
・手芸用の丸カン


まずはルーターでシーグラスに穴を開ける。ここに丸カンを通す。
シーグラスとルーター(ドリルの先っちょ)に水をつけつつ開ける。
強度にもよるけど、大体1つ1~2分で穴が開く。


開いた!


穴が開いたら絵を描いてニスを塗るので、ニスを塗ってからの仕上がりに
不安な方は水をどぼんとつけてみるといいかも。
(水をつけた状態と、ニスで仕上げた状態の透明度がほとんど同じなので)


水気を完全に乾かす。


絵の下書きとかラフとかあれば、それを見ながら好きな絵を描く。


アクリル水彩で描く。水分は含ませない。
自分は竹串の先で描いたよ。ここは好き好きで。


とりあえず紙パレットの上で練しゅ…うおおおおああああああああああああああ
あああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


で、一通り描き終えたら風通しの良い場所で完全に乾かす。
自分は不安だったので丸二日乾燥。


乾いたらニスを塗る。1回の塗りじゃ透明度が出ないので、塗る→乾かす→
塗る→乾かす→塗る、と3回ほど塗る。透明度の加減も好き好きで。


乾いた!あとは丸カンを穴に通すだけ(ニスで穴が塞がってたら、つまようじ
とかマチ針とかで開ける)


というわけで、シーグラスのストラップ完成。
…と言いたいけど、肝心のストラップ部分が売り切れで買えないまま。
自分の分は壊れたストラップをつけてるけど、早く新しいストラップを
買ってこなければ。

2011/09/15 16:16 | Comments(0) | TrackBack(0) | 手作り

書くネタも少ないので、先月作ったPSPケースのまとめなど!

■材料■
・外側の生地→好きな柄で(私は牛柄です。薄めの生地)
・内側の生地→キルト生地(お好みの厚さ)
・PSP型紙

1:上記の生地を用意。型紙は、ネットでPSPの画像を拾ってきて
  適当に拡大・縮小をかけて紙に印刷して切っただけ。
2:型紙を生地に合わせて切って、ミシンで縫って、出来上がり(えー)


内側がキルト生地なので、防御性もちょっぴりアップ。キルトの部分があまり
厚いと、縫い上がってもPSP本体が入らないって事もあるので(私が正にこれで
縫い直しした/(^o^)\)縫いしろはきちんと測りましょう。


  /おじさんとの約束だ!\

2010/09/06 20:47 | Comments(0) | TrackBack(0) | 手作り

ジャーン


ジャーン


ジャーン


げえっ!!


磯乞食!(古い)
そんな訳で、おかんと祖父に頼り、浜まで行きガラス石ゲットしてきました。
今風に言うとシーグラスとかビーチグラスか。で、それらを使って作品を
作るのをシーボーンアートと言うそうな。
初めて球体ランプを作ったけど、これは慣れるとすごく面白い。元の丸型が
ないと作れないのだけど……
あと蝋燭の火で熱せられたガラスに触って火傷するところでした^p^
ガラス石の量は半端なかったです。本当はもっとあったけど、時間もなかったので
程ほどに拾って帰還。3ヶ月~半年のペースでまた行きたい。

2009/10/13 00:12 | Comments(2) | TrackBack(0) | 手作り

| HOME |
忍者ブログ[PR]